子供の便秘とストレス

無題5-150x150

子供のストレスと便秘

子供にストレス!?きっとお母さんは、考えたこともないのではないでしょうか

実は、子供はとてもナイーブな面を持っています

言葉をそのまま受けて、流すことが出来ません

大人であれば、可能なことも、子供だと対応しきれない

まさにストレスの対処ではないでしょうか?

 

私の知っている限りでは、大半の子供はストレスを何かしら持っています

だから、ストレス=便秘だという方式は必ず成立するとは言い切れません

しかし、ある事が原因でストレスを与えてしまったら、かなりの確率で子供は便秘を引き起こしてしまいます

それは・・・

 

トイレの躾

 

になります

本来人間の体は、意識して動かせるものと、動かせないもの

その二つが兼ね備えられています

例えば、心臓を動かすことについては、意識しようがしまいが、勝手に動いています

また、汗をかいたりするのも代表的な無意識の動作になります

これらを自律神経による作用といいますが、便秘についても同様のことが言えます

 

激しい折檻等で、幼児を叱り、トイレの躾をするお母さんがいます

また、幼稚園になれば、子供もお漏らしをすることを恥ずかしいと感じます

それを責めてしまうと、トイレをしたくない=便をすることを体が無意識に拒み始めます

最悪、何日も便をしないようになってしまうのです

 

意識が排便を拒むとどうなるのか?

当然、腸に便が溜まると便意が起こります

しかし、便をしてはならないという強迫観念から、便意が起こらなくなり、結果的に便秘に繋がっていきます

そうなると、ストレスが解消されたとしても、腸内のぜん運動が起こらず、便秘が解消されることはありません

解決するには、ある程度の時間をかけて改善していくしかありません

まず、躾だとしても、過度に子供を叱り付けないこと

ストレスの発散のため、散歩や公園等で遊ばせること

カイテキオリゴなど、補助食品を積極的に取ること

そして何より、お母さん自身、便秘は治るものだと信じて待つことです

コメントは受け付けていません。