子供の便秘の症状

子供の腹痛と便秘

子供の便秘には、お母さんも頭を抱えますね

とても多くの人が、お子様がうんちをしないで困っているみたい

でも、その便秘・・・本当にただの便秘でしょうか?

 

便秘子供の症状検索に書いているように、便秘にもいくつか種類があって、その分別によって可能性のある症状が別れています

  1.  硬い便、残便感、自覚しないで便をもらす、腹痛、腹部膨満、嘔吐
  2. 便秘が続く、下痢が続く、便秘と下痢を繰り返す、ウサギの糞のような便
  3. 慢性の便秘、嘔吐、体重増加不良、栄養障害
  4. 黄疸、臍ヘルニア、巨舌、かすれた泣き声、手足の冷感
  5. 思春期、前頸部のはれ、体重の増加、全身倦怠感
  6. 腹痛、嘔吐、腹部膨満・膨隆

よく、カイテキオリゴが子供の便秘に効きますと言っている、嘘ブログやサイトを見かけますが、カイテキオリゴの効果があるのは、1.2です

1.の症状は、一般的に言われているただの便秘

2の症状がある場合は、過敏性腸症候群

では、3~6については、どんな症状なのか?

実は、病院へ至急連れて行き、最悪手術もしなくてはならないケースです

3はヒルシュスプルング病の可能性があります

ヒルシュスプルング病は、便秘が続くことで大腸が開く病気です

症状が軽い場合は、浣腸でどうにかなりますが、重い場合・・・むしろほとんどの患者さんは、手術が必要となります

4の症状の場合は、クレチン症の可能性があります

クレチン症とは、先天性甲状腺機能低下症と言い、生まれ持って甲状腺の機能が低い事を言います

治療については、投薬となり1日1回甲状腺ホルモン薬のレボチロキシンナトリウムを飲まされます

似たような病気で、5の場合は慢性甲状腺炎の恐れがあります

この治療も投薬がメインです

最後に6については腸閉塞・・・イレウスの可能性があります

これはとても怖い病気なので、また詳しく説明をさせていただきます

イレウスになった場合は、手術が必要なケースもありますが、基本的に飲用をストップさせ、回復していくのを見守っていきます

子供の便秘だから、何でもカイテキオリゴで治ると思うのは危険なので、良く観察してあげましょう

 

コメントは受け付けていません。