サルでも分かる!腸内細菌と便秘解消の関係

腸内環境と便秘

腸内細菌は最重要になる

腸内環境と便秘

便秘を解消したいと思っている人が気にすることとしては、食物繊維や、オリゴ糖、乳酸菌といったことがあります

しかし、誰も腸内細菌・・・特に善玉菌を増やそうとは思ってません

もちろん、中には善玉菌を増やせば、便秘は良くなる=ヨーグルトを食べようまで到達する人はいます

しかし、その先が無いのです

 

人間の免疫を含めて、腸内にある菌は、我々の身体に大きな影響を与えます

何となく理解している人もいますが、実際人間の身体が健康でいられるかどうかは、腸内細菌の環境次第と言っても過言ではありません

確かに血液の汚れも、病気にならない予防の医学上では重要となっています

しかし、根本にあるのは、腸内細菌・腸内環境が悪化すると、便の有害物質を腸壁は吸い込みます

その後、血液に混ざるのです

 

便秘の段階で腸内細菌は悪玉菌優位になっている

便秘とは、便を腸に溜めている状態が続きます

特に便は、悪玉菌クロストリジウムを増殖させます

クロストリジウムを知らない人でも、乳児ボツリヌス症は知っているでしょう

その原因となる菌が、クロストリジウム菌になります

悪玉菌が増えると、今度は善玉菌の繁殖を抑えます

さらに、腸の神経や、ぜん運動などに影響を与えていきます

 

腸内環境を変えるには時間がかかる

では、すぐに善玉菌を増やそう

早速ヨーグルトなど乳酸菌を食べようとしても、あまり効果がありません

腸の善玉菌と言っても百種類以上はいます

個々に住んでいる菌が違うため、一種類の菌を飲んでも・・・普通は定着しません

それよりも、胃酸によって大半は死滅します

 

つまり、現状いる善玉菌を増やしていくより他ないのです

カイテキオリゴのような、善玉菌の餌を与えるのも非常に有効的です

悪玉菌を抑えるには、まず食生活や生活環境を変える必要があります

 

仮に肉食を1ヶ月やめると腸内環境が一変するかと言えば、まずほぼ変わらないと思ったほうがよいでしょう

腸内環境を改善するのは、せめて半年くらい覚悟をしたほうが良いです

一切乳製品や、肉類を食べない覚悟が必要なのです

他にも砂糖や甘いもの、冷たいものも控えるほうが良いでしょう

 

コメントは受け付けていません。