正月に便秘をしやすいのは何故か?

正月に便秘サムネイル

正月明けに便秘になった

正月と便秘

割と多くの人がお正月から便秘になるようです

何故、お正月過ぎに便秘になるのでしょうか?

 

一つ目は、食べ物に食物繊維が含まれてないケース

御節や、お雑煮など、食物繊維を豊富に使って、料理をしているケースが少ないのではないでしょうか?

もちろん、便秘になっている人が調理をするのであれば、御節にもお雑煮にも、餅にすら食物繊維の含まれているものを使うでしょう

しかし、一般的には、どの料理についても、定番のものを使用するのが常です

 

だから、日ごろから、便秘茶などを飲んでいれば話は別ですが、普通ミントティーを飲みながら、お正月を過ごすなど聞いたことがありません

前述しましたが、この定番な過ごし方が便秘となる原因の一つです

思い出してみると、外で最近では羽根突きも凧揚げなども行いません

正月は、家の中でゆっくり過ごす

圧倒的な運動不足を招きます

 

気温差による影響も原因の一つ

人間は、気温差を感じると、自律神経の乱れが生じます

また、ストレスも与えられるので、気温差が激しいと通常身体で日常的に行われていることが、麻痺するケースがあります

腸のぜん運動は、自律神経の支配下にあります

気温差が生じることで、自律神経が乱れ、結果的にはぜん運動が行われなくなります

腸のぜん運動が行われないと、今度は便が溜まり、腸内環境が乱れます

 

以上から、正月には便秘をしやすいと言えるのですが、では、これからどのように取り組めば良いか教えます

まず、運動を適度に行うこと

食物繊維の含まれた食品を食べること

最後に、腸を休ませ、腸内環境の乱れを取り戻すことです

コメントは受け付けていません。