便意が無くなるのは内臓に原因

内臓に問題サムネイル

内臓に問題あり

便意というものを考えた時に、脳が送る信号だと思っている方も多いでしょう

あながち間違いではありません

ただ、脳が信号を受け取ることを忘れてはならないのです

 

便意が起きるのは何故か?

当然、腸内に便が溜まり、外に出したいからです

では、その信号はどこが送るのか?

 

簡単ですよね

臓器が信号を発信しているのです

便が溜まった信号を受けて、脳が便意を催すと思って良いでしょう

 

これらを医学的に内臓感覚と呼ぶみたいですね

合図を伝える神経としては、内臓から離れたところに、求心性神経という神経が通っています

これを通じて脳に信号を送っているのです

 

では、便意が無くなるということはどういうことなのか?

一番は、内臓に障害等があり、便が溜まっているという信号が送れないケースです

下剤の副作用については、この記事に書いています

 

この記事の中に・・・

 

では、大腸メラノーシスの何が問題なのか?

色の付いている部分については、腸の動きが弱まっています

便秘をされる方の多くは、大腸の動きが弱いのですが、ますますメラノーニスによって弱まっていきます

つまり、下剤を飲めば飲むほど効果が薄れていくのは、大腸メラノーニスが原因だという可能性があるのです

大腸メラノーニスの事が書かれています

これと併せて、便意を喪失させることも大腸メラノーニスの特徴としてあげられます

下剤を飲んでも便意が無い

 

そのような方は、大腸メラノーニスになっている可能性も否定できません

つまり、臓器に何らかの障害がある場合、便意が無くなるというのは、至極当たり前ということになります

腸内環境を改善するということは、便意を取り戻すきっかけにもなるわけなのです

 

コメントは受け付けていません。