便秘を悪化させる要因

悪化サムネイル

便秘の悪化

便秘が悪化する原因を知れば、現在何が悪いのか判断が付きます

そこで、悪化させる原因をまとめてみました

便秘を悪化させる原因

①便意の我慢

子供の便秘に多い原因の一つです

便意は自然に起こるものです

便が腸に溜まると、脳に合図が行きます

詳しくは便意が無くなるのは内臓に原因に詳しく書いています

我慢を続ける事で、自然と便意も喪失されます

 

②睡眠不足、昼夜逆転の生活

お通じには、自律神経が深く関わっています

交換神経、副交感神経の作用については、この記事に書かれています

睡眠不足や、昼夜逆転の生活は、この自律神経を乱して、結果便秘を悪化させます

 

③加齢による食事や、筋力の減少

年を取ると、自然と食事の量も減ってきます

当然、便も少なくなるので、高齢者の便秘は珍しくありません

また、腸や肛門の筋力の低下によって、便秘をさらに悪化させます

 

④水分不足

便は柔らかければ、簡単にお通じとして出ていきます

しかし、水分が不足すると、便が固くなり、便意があってもお通じが出ないことになります

⑤女性ホルモンの影響

女性は、3人に2人は便秘の症状があると言われています

男性に比べて女性が多いのは、ホルモンの影響もあります

女性は黄体ホルモン(プロゲステロン)が月経からある程度の期間分泌され、黄体ホルモンは、腸のぜんそく運動や、便の水分を奪います

結果、女性は男性よりも便秘になりやすいのです

まだこれ以外にもありますが、悪化させる主な原因としては、この5つくらいを覚えておくと良いでしょう

コメントは受け付けていません。