便秘で起こる症状2痔

便秘と痔

便秘と痔

便秘で起こる症状で痔があります

妊娠中の便秘で、最も起こり得る事ですね

一見便秘と痔は関連性が無いように思えます

 

実のところ・・・かなり大きな因果関係があるのですね

まず血液の動きを考えた時に、人間の体内の血はある臓器を通過します

それは、肝臓です

 

通常の痔の場合、肝臓でスムーズに流れるべき血液が停滞を起こします

そうすると、肛門付近でうっ血を起こすのです

うっ血というのは、血流が停滞して血が溜まっている状態です

 

そうなると、動けなくなった血が、痔を起こしてしまう

これが、痔のメカニズムです

次に、便秘による痔ですが、下半身を中心に、内臓を圧迫されたとします

 

代表的な例でいうと、妊娠中であったり、便秘であったりする場合、自然と臓器を圧迫します

そうすると、便が腸内に滞留しますので、有害な毒素を腸壁から体に取り込みます

肌荒れ、ニキビが便秘によって引き起こされるメカニズムもこれになります

 

次第に、肝臓にも毒素がいきわたり、通常の痔と同じように、血液の流れを悪くし始めます

これにより、痔が起こるわけです

便秘による痔は、腸内に便があるため、他の臓器を圧迫していることから起こるとだけ覚えておけば良いでしょう

コメントは受け付けていません。