便秘で起こる症状7アレルギー

アレルギー

便秘とアレルギーは大きな因果関係があります

まず人間の体の免疫は、腸内の細菌で作られると言います

当然、便秘になると、悪玉菌などによるガスや毒が腸内に充満します

 

すると、正常に免疫が作られなくなるのです

また、腸壁に対しても攻撃をするのですが、腸壁が傷ついた場所などから、毒素が体内に侵入します

すると、体としては異物が入っている状態ですから、追い出そうとします

 

人間が体外に出せる機能を持っているのは、便と肌の毛穴などです

毒素自体を、皮膚の毛穴から出そうとすれば、当然その部分は炎症などが引き起こされます

また体自体、免疫が異常になっているので、臨戦態勢になっているといっていいのです

 

そのような状態で、花粉やダニなどが付着すると、高くなったIGE抗体が作用します

これがアレルギーとなるわけです

便秘や腸内環境は、アレルギーととても密接な関係にあります

 

もし、アレルギーをお持ちであれば、意外と便秘が改善されるだけで良くなるかもしれません

また、最近では自律神経の乱れがアレルギーを起こすと言われています

自律神経は、血液中に入った腸内からの毒やガスによって、乱されます

 

痒くもないのに痒みを感じたり、鼻水や涙が止まらなくなったりします

これらは全て腸内の異常が発端となっています

その他肌荒れにも影響が多大にあるので、気を付けるようにしましょう

コメントは受け付けていません。