機能性便秘の原因

機能性に問題

機能性便秘の原因としては、次のことが挙げられます

・膠原病や、パーキンソン病のような疾患

・甲状腺機能が低下している場合

・自律神経失調症

・抗うつ剤や、降圧剤などの投与

・便秘薬の常用

・痔

・加齢

・睡眠不足

・食物繊維の不足

この中で、注意したいのが、便秘薬の常用以下になります

それ以外については、病院での治療が必要であったり、医師から注意があるので、ほとんどの方が原因が特定されています

便秘薬の常用については、便意を無くしたりするので、便秘の原因となります

また、痔については、便意を抑えることが問題となります

お通じの際に、痛みがあった場合、自然と便意を無くしてしまいます

加齢については、腹筋自体が弱まる事

また、腸内の運動能力が低下することが原因となっています

睡眠不足は、自立神経の低下を招くので、便秘がちになってしまいます

また食物繊維の不足も、大きな理由としてあげられるのです

このように、機能性便秘の原因としては、割と身近な理由がほとんどです

改善をしようと思えば、間違った方法さえしなければ、簡単に改善できます

また、最近の便秘薬には副作用の少ないものも出ています

まずは、原因を特定して、改善するように働きかけましょう

コメントは受け付けていません。