機能性便秘の症状

便秘の症状

機能性便秘については、以下のように3つに分けれれる症状があります

1.弛緩性便秘の症状

便秘を患っている方の、多くはこの弛緩性便秘の症状に該当します

弛緩性便秘とは、腹筋が弱まっている方

お年寄りや、妊婦の方などが当てはまります

腹筋は低下すると、それに合わせて、腸の活動も弱まってきます

排便には腸の動きが大きく関わっていますので、もし腹筋が低下したのであれば、別の方法で腸の動きを活性化する必要があります

弛緩性便秘の場合は、腹痛を起こしたりすることはありません

かと言って、長期戦になると、食欲が衰退します

また、満腹感があるのですが、腹部についてのみで、一般的に言われているぽっこりとしたお腹になります

2.習慣性便秘

これは、便意が無く腸内に便が滞る状態のことです

通常であれば、直腸に便が溜まると、人間は便意を感じます

そして、この便意が排便反射となるわけですが、習慣性便秘の場合、便意自体がないので、排便反射が起こりません

人間は便意を我慢すると、排便反射が起きても止まってしまう習性があります

また、腸内に便が滞っていると、水分が体内に吸収されます

すると、便自体が非常に硬い物となります

酷い時は、病院でマグネシウムを処方しての治療となります

3.痙攣性便秘

下剤の副作用などで起こる場合があるのが、痙攣性便秘となります

他には、ストレスや自律神経などが大きく関わっています

痙攣性便秘の場合は、大腸のぜん運動が強すぎるために、便秘になってしまうものです

また、腹痛を伴ったりするので、かなり苦しい状態が続きます

コメントは受け付けていません。