便秘解消にコーヒーは有効なのか?悪化要因になるのか?

コーヒーサムネイル

コーヒーが良い理由・悪い理由

コーヒーと便秘

便秘で悩んでいる人を更に悩ませるのが、コーヒーが便秘に良いか?という意見

最初に断っておきますが、あくまでコーヒーを飲める方についての話をしています

妊娠中にコーヒーを飲むことで便秘解消になるかどうか?

上記のような悩みは、まず医師の意見を聞くことでしょう

便秘よりも先に、カフェインを妊娠中に摂取することは、常識で考えると、良くない結果を生むように思えます

 

では、便秘にコーヒーが良いとする意見で代表的なものを一つあげましょう

カフェイン自体は、覚醒作用があり、鈍った腸の動きを活発にする

実はあながち否定できない意見です

香辛料も同様のことが言えますが、腸への刺激は便に水嵩を与えて、下痢状となって外へ出してくれます

慢性の便秘では、あまり効果が期待できませんが、急性の便秘では、即効性があります

 

ところが、コーヒーの効果を良く考えると、ある同様の作用を持った薬を思い出します

それは下剤です

しかも、1杯程度のコーヒーでは効果もないでしょう

ブラックコーヒーで、さらに多めに飲まないことには、下剤と同様の効果はもたらしません

 

では、反対にコーヒーが便秘に悪いとされる理由は何でしょうか?

2つあります

一つはタンニンという物質がコーヒーには含まれています

タンニンは、腸内環境のバランスを大きく崩す原因になるといわれています

腸内細菌が、通常であれば善玉菌が活発に稼動してくれています

ところが、タンニンを過剰摂取することで、善玉菌の活動を抑えてしまいます

 

もう一点は、カフェインには利尿効果があります

ウーロン茶を含めて、カフェインの含まれる飲料水などを飲むと、トイレが近くなります

カフェインは、体内の水分を奪います

便が硬くなる可能性もあるので、カフェインは便秘に良くないとされています

 

結論を出すと適度なら飲めば良い

結論を出すと、常識を逸脱した量を飲まないのであれば、嗜む程度であればコーヒーは飲んでも構わない

しかし、あまり大きな期待をしないほうが良い

逆に、飲みすぎは胃や腸を荒らすので、便秘には悪効果になる

露骨に避ける必要はないが、薬と思わないといったところでしょうか

 

コメントは受け付けていません。