1日3食だと便秘にはなりにくい?

3食のごはん

1日3食必要なのか?

この事については、色々な意見があります

日本人自体、昔は3食食べていなかったので、朝を食べなくても良い

 

ダイエットを考えると、3食取ったほうが良い

脳が回転するので、朝は抜かない方が良いなど

便秘にとってのみを言うと、3食決まった時間に取るのが理想的だと言えます
便秘で水分摂取は重要なことにも書きましたが、朝腸の中に何も無い状態で、水を摂取することは、腸のぜん運動が活発になります

それと同じで、朝食を食べるということは、腸の動きを良くするのです

また、便というものは、食べ物から作られますので、当然ですが、材料が無ければ便も出ません

 

以上の事を考えると、朝食は取った方が良いのです

ただ、現代人は朝ごはんを抜く傾向にあります

せめて、ヨーグルトでも、バナナでも良いので、便秘に良いものを食べておく必要があるでしょう

 

次に、昼ごはんについてですが、こちらも取るべきです

仕事が続くと疲労とストレスが蓄積されてきます

昼食は、ストレスの発散及びリラックスの効果があります

夜遅く食べるのは便秘を悪化させるにも触れましたが、腸のぜん運動を高めるためには、交感神経・副交感神経が重要となってきます

 

リラックスした状態の場合は、腸のぜん運動は活発となりますが、緊張した状態だと、便が出にくくなるのです

これは、学生時代の修学旅行や、社内での旅行などを思い浮かべてみればわかりやすいでしょう

 

以上から踏まえて、一日3食取る事は、便秘対策には重要だと言えます

もちろん、前述した理由以外にも大事なことがあります

お通じは、定期的なリズムが必須なのです

 

毎日決まった時間に食べて、お通じが出る

このリズムが定期的になれば、便秘は解消されると言って良いでしょう

しかし、不定期な時間に、食事もバラバラ、トイレの時間もバラバラだといつまで経っても良くなりません

 

便秘を治したいのであれば、まず三食食べる事から始めてみましょう

コメントは受け付けていません。