不溶性食物繊維とは?

食物繊維と便秘

便秘解消はまず食物繊維でご説明した通り、便秘を改善するには食物繊維が重要です

 

しかし、残念ながら、ただ食物繊維を取れば便秘が治るというような事はありません

なぜなら、食物繊維といっても、2種類あるからです

大事なのは、その二種類をバランス良く食べることにあります

皆さんが、食物繊維と言えば、何を思い浮かべるでしょうか?

おそらく、レタスや、ゴボウ、キャベツなどではないでしょうか?

これらは、水に溶けない食物繊維で、不溶性食物繊維と呼ばれています

ここでは、不溶性食物繊維についてまとめてみましょう

実は、便秘をされている方で、不溶性食物繊維は十分に摂取出来ている人がいます

これは、便秘=食生活が悪い

つまり、サラダなどを多く食べれば便秘は治る

 

このような考えに至って、サラダばかり食べる方

この場合は、不溶性食物繊維はおそらく十分摂取出来ていると言えるでしょう

しかし、ここに大きな盲点があります

 

不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維になります

過度に摂取した場合、便を固くしてしまう特徴があります

野菜サラダに玄米食など、健康に良かれと思って食べていると、便自体が固くなり余計に便秘をこじらせます

確かに、不溶性食物繊維は、水分を吸収して、便を水を与えます

しかし、そればかりを取りすぎた場合、かえって便を固くすることに注意しておく必要があるでしょう

 

あくまで、水溶性食物繊維とのバランスが重要なのです

では、ここで不溶性食物繊維が含まれる食品を紹介しておきます

【参照】簡単!栄養&カロリー計算

図を見れば分ると思いますが、一番豊富なのは、ゆでたいんげん豆になります

この順位だけ見ると、なかなか日頃の食卓では出さないものばかりですね

そこで手軽に不溶性食物繊維を摂取する、おからに注目してみましょう

 

おからの場合、ベスト3に入るほど、食物繊維を多く含んでいます

まずは、毎日朝ごはん若しくは夜ご飯に、不溶性食物繊維が足りてない人は、おからなど食べて便秘対策を行ってみると良いでしょう

あとは、水溶性食物繊維とのバランスを考えて1ヶ月も続けていけば、便秘は克服できます

コメントは受け付けていません。