下剤・便秘薬とは?

下剤や便秘薬とは

下剤・便秘薬とは何か?と聞かれて、貴方はどう答えますか?

当たり前ですが、便を出すための薬です

下剤・便秘薬の種類で触れていますが、主な種類としては、2タイプに分かれます

 

便意が無い場合は、腸を刺激することで、排便を促す

便が固い場合は、水かさを増やすことで、排便をしやすくする

 

この二つの効果を持つのが、下剤・便秘薬なのです

しかし残念なことに現在下剤を使用される方の多くは、コーラックなど、有名な下剤であれば、何も考えずに購入されている場合は多い

薬はどのような時に処方されるか考えた事があるでしょうか?

 

熱があれば、解熱剤を飲みます

風邪をひけば、風邪薬を飲みます

下痢が続けば、正露丸などを飲みますよね?

 

しかし、多くの方は、便秘になれば下剤・便秘薬を選ばずに購入して飲むケースが多々あります

これが下剤・便秘薬の現状です

便秘には様々な種類があります

 

便意が無ければ、刺激性のある便秘薬が良いでしょう

便が固いのであれば、水分を与える物が良いでしょう

どうしても出ないのであれば、浣腸などもあります

 

当サイトでは、決して下剤や便秘薬を否定しているわけではありません

安易な便秘下剤の使用に対して警鐘を鳴らしているのです

便秘薬も下剤も薬です

良く知ったうえで使用しましょう

コメントは受け付けていません。